1972年生まれ。大阪(枚方市)育ち。
龍谷大学短期大学部卒業後、OLを経験。
恋愛結婚と同時に転勤族になる。
一人娘の母。
2018年離婚。

新入社員時代、朝の通勤電車内でパニック発作を起こす。
職場から逃げるように結婚をしたものの、繰り返す引っ越しのストレスが引き金になり、重度の不眠症に発展。
うつ病・パニック障害・摂食障害・買い物依存の改善を求めて、精神薬を約15年間服用した過去を持つ。

回復の見込みが見えない精神薬に見切りをつけ、学問に傾倒。
一般心理学・認知科学(機能性脳科学・量子力学・物理性心理学)を師匠から学ぶ。
各種民間資格を取得後、パート主婦からプロ心理カウンセラーに転身。

最も結果が早く出るのは「マンツーマン指導」という信念を持ち、アラフォー女子のあらゆる悩みに対応しています。
子育て・人間関係・家庭・恋愛・婚活・不倫相談の経験豊富。
本当の自分らしい未来を取り戻すまで、「オンラインカウンセリング」と「毎日のLINEフォロー」で密着伴走。

分かり易く、面白く、楽しい上に、高度な知識が身につくこと。
また、貴女にとって親しみやすいセッションを心掛けています。

O型・おひつじ座・ネズミ年生まれ・一白水星・カバラ数秘は1

こころの調律とは・・・

「こころの調律師」というのは、関西テレビ元番組制作プロデューサー白附克仁さんがワタシの為につけてくださった肩書です。
思考をまるで「整形級!」に、メンテナンス。

貴女が抱えている「生き辛さ」はカスタムできます。

カウンセリングは、本当の自分の解明のこと。
メカニズムの理解から始まり、潜在意識という摩訶不思議なこころの世界を紐解いていく作業。。
思い通りにいかない辛い人生を、望み通りに切り換えていく作業を「こころの調律」と呼んでいます。

ワタシは、カウンセリング方法をご希望でしたら全部教えます。

自分で自分のメンテナンスができるんだけでなく、カウンセラーになる方も今まで多数いらっしゃいます。

心理カウンセリングは、日本ではまだまだ浸透していません。
精神科や心療内科のドクターと、こころの調律は、全くアプローチが違います。

まず、心理カウンセラーは「医師」ではありません。
ワタシはカウンセリングにサプリメントすら使いませんが、でも・・・結果がでるんです。
脳の機能のコントロールに、そもそも石油系化学物質である薬は一切不要です。

​ワタシがカウンセラーになったのは、自分自身がかつてヘヴィーな症状に苦しんだ、患者側だったことが大きな理由です。
人生に悩み苦しみ、身体に様々な症状が出ていました。
辛くて辛くて、精神薬に15年も依存した過去があります。。

その期間、約15年、 そんじょそこらの「実体験」ではありません。
投薬による副作用も、身をもって経験しているからこそ、ワタシと同じ苦しい思いを、他の女子にはもうさせたくないのです。

精神薬が実は非常に危険で、危ない!効かない・・・という情報が、今でこそネット検索をすれば、いくらでもメンタル情報は出てきます。
薬は一旦効果があるような気分にさせてくれますが、症状をごまかしているだけです。
実はますます状態は悪くなります。
そのことを、当時のワタシは全く知りませんでした
(ドクター・薬剤師から、精神薬の効果が無いことや、依存性に関する説明は全くありませんでした)。

​「メンタルクリニック」はいたるところに在ります。
増えているのに患者が減らないのは、回復していないからです。
白衣のドクターが、ワタシを助けてくれると本気で信じていましたが、現実は違いました。

最初に尋ねた先が、市民病院の精神科

そこで「ペーパーテスト」を受けました。こころの質問にひたすら回答していく作業です。
その結果を元に、ドクターによるカウンセリングらしきカウンセリングはなく、数種の薬剤を処方されました。
ここからワタシの15年に及ぶ薬物依存が始まります。

元夫が転勤族だったので、引っ越す度にクリニックを変えながら、以後もカウンセリングらしきカウンセリングはなく、ひたすら薬のみ出される・・・その繰り返しでした。

当時症状は様々でしたが、最もやっかいで困っていたのが、「不眠症」と「パニック障害」の発作です。
ワタシの場合は、乗り物に乗ることが困難で、特に電車に乗れませんでした。
また混雑したスーパーマーケットも大変苦手で困っていました。

「摂食障害」でどんどん痩せた時期もあります。
慢性的な「割れるような頭痛」にも悩まされました。

これらの症状を、浪費で誤魔化すこともありました(買い物依存)。
音楽を聴いて、気晴らしをしたり、
読書をすることで光を見つけようともがきました。

スポーツが心に良いと聞けば、ゴルフやテニスに通いました。
ですが、運動で解決には至りませんでした。
そのやってる時は忘れていても、また元に戻ることの繰り返し。

気分は日替わり。
鬱々と、空しく心理的などん底を這いずり回る日々をただ繰り返しました。

当然その間も、精神科で処方される薬はせっせと飲み続けていたのですが、
改善されるどころか、肌荒れもひどくなりました。
今はたまに肌を褒めて下さることもありますが、以前は酷い状態でした。
吹き出物が止まらない状態で、皮膚科に通い、様々な治療は受けましたが、何も効果がありませんでした

娘が小学校中学年の頃、元夫と単身赴任という形で別居することになりました。
ワタシはやっと転勤から解放され、大阪に定住できることになりました。
ここから次第に人生の転機が始まります。

ワタシは「精神薬漬けの人生を止めたい」「中途半端で終わってしまうのは嫌だ!」と思うようになりました。

​徐々に薬を自己意思で減らし始めましたが、長年飲んでしまった薬の影響は強く、どうしても自力で眠ることができません。
錠剤を二分割にし、四分割にし、、
徐々に身体をならしながら、最後は粉状態のものをほんの少し舐めるようにし、
やっとのことで薬なしで眠ることが出来る状態にまで断薬しました。

本当に私がやりたかった事

​一体それは何なのか。

「働くこと」「自分で稼ぐこと」
働いている方々にとっては当たり前のことでしょうが、長年専業主婦をしてきたワタシにとって、それは憧れの状態でした。
社会に取り残されている劣等感、自信の無さ。
この壁を突破したい思いを叶えるべく、就職活動を始めたのです。

理想はオシャレな職場、またはカッコいい仕事。
だけど現実は、そういう仕事にワタシは採用してもらえませんでした。
やっと雇ってくださった先は、スーパーのパート。最低賃金です。

ですがそこで一生懸命働いていたら、ふと閃いたのが「心理カウンセラー」という言葉です。

ここから、ワタシの人生挽回アプローチが始まりました。
パートをしながら、帰宅後に夢中で勉強を始めました。
学べば学ぶほど、心と体は繋がっていることが明確になり、
なぜ医師が「カウンセリング」をしなかったのかも腑に落ちました。

クリニックにとってお薬が売れなくなれば、儲からないから。

体の不快症状は、潜在意識が改善すればすべて消えてしまうのです。
それを医学部では教えないという衝撃の事実(自然治癒力の授業はほぼないそうです)を知りました。

​何故「調律」にメスも麻酔も薬も必要ないのかというと、「自然治癒力」を使うから。
人間にそもそも備わっている素晴らしい機能を復活させる方法のことを、
こころの調律と呼んでいます。

考え方を変えることで人生は変わります。
潜在意識を調律しても、副作用はありません。
自分がそもそも持っている眠らせている能力を復活させるためには、自己暗示を使います。

脳と、身体と、空間についての知識を貴女はどのくらいお持ちでしょうか?
潜在意識は、子ども時代の育ち方が非常に影響しています。
カウンセリングでは、13歳までの育ち方を丁寧に振り返り、
そこから現在の状況と照らし合わせ、
苦しみの根っこを探りあてていきます。

つまりカウンセリングでは、そうなった「理由」が明確になります。
知識のレクチャーは惜しみなくしていきますので、
ご自身の人生が変わるだけでなく、人に伝えることができるようになります。
ですから、占い師や接客業、部下を持つ上司の方や、もちろん心理カウンセラーを目指している人にもおすすめです。

今目の前にある不快症状を改善するだけでなく、 人生そのものをレベルアップすることを目的にしています。

悩みをどうにかするだけの、気休めのカウンセリングではありません。
素敵な貴女に相応しい、本当の望み通りの人生に軌道修正することを最終ゴールにして
ワタシ自身がしっかりお一人ずつと二人三脚で進めます。


​実はオマケみたいな良いことがあります。
今目の前にある不快症状を改善するだけでなく、 人生そのものをレベルアップすることを目的にしています。

細胞一つ一つに「潜在意識」「自己肯定感」が影響を及ぼすからです。
自律神経が整いホルモン内分泌系に良い影響が及びます。
お肌の水分量など、内面からの美しさって本当にあるんですよ。
かつて、あれだけ肌荒れを繰り返したワタシでしたが、
ブツブツだらけだった肌も、過去の笑い話になりました。


​心と、身体と、美や人生そのものは、すべて連動しています。
人間関係、恋愛、結婚、不倫、仕事、経済、教育、離婚、病気、事故、、、あらゆる現象には理由があり、すべてが空間を通じて繋がっています。
精神病院や心療内科の言うなりで、薬を飲み続けていて本当にいいのでしょうか?
誰のための人生でしょうか。

人は変われます。
ただし、それは潜在意識の書き換えレベルが必要なのです。
通常これができないので、
「三つ子の魂百まで」と言われ、人生は変わらないと思い込んでいるのです。
ですが、それは実は可能です。

このことを、昔の日本人は知っていたそうなのです。
第二次世界大戦前の日本人は、「和多志」と書いて、ワタシと呼んでいたのですが、
今は「私」という字に変えられてしまいました。
前者は潜在意識が繋がっているという意味を含んでいますが、後者は孤立させるための暗示。
これをしたのが、GHQ。
日本人をいかに堕落させようか・・・・という頭を働かせ、洗脳をしかけて、それにまんまと引っかかったのが多くの一般大衆です。。


​食品添加物、夢のない教育、無駄な医療、成果主義、孤立、あらゆる洗脳。
不眠もパニック障害も摂食障害も買い物依存やアルコール依存など、
様々な現象には、大きな国がかりの仕掛けがあっての結果です。
決して貴女個人の問題や、貴女の弱さや不運などではありません。



ですが、嘆いているだけでも、だれかが貴女の代わりに解決してもくれません。
現代は情報をスマホを通じて簡単に手に入れることが出来ます。
どうぞ「3S政策」と検索してみてください。
いろいろな情報がいくらでもでてきます。

心の調律は、心理学と認知科学を応用した、新しい心理カウンセリングです。
心と体と人生をまるごと入れ換えたい「向上心の高い方」にお勧めします。
最後に、注意点がありますのでお伝えさせてください。

ワタシが治してあげるのではなく、やり方を丁寧に解りやすく教えます。
その通りに行動してくださることが、効果を出す条件です。

難しいことなどありませんので安心してくださいね。​
受講はとっても楽しいですよ。
だって解りやすいし、結果が明確に出ますから!
何より、、ワタシ自身が、様々なネガティブを乗り越えて、
人生を好転させている生きた見本。

自分が苦しんだからこそ、
「もしもこんな人が支えてくれたならどんなに良かっただろうか」というクライアント視点で、
常にカウンセリングしています。
苦しかった時の自分にとって、近くにいてほしかった存在に、自分がなる。
和多志は女子の力になる!!と情熱を持っています。



本気になって「最後の自分探し」をすると決意したら、
まずは無料メールカウンセリングを受けて下さい。

本当の人生の扉を、ワタシと一緒に開けましょう。


こころの調律師 はらだなほこ