開運

欲求不満の生まれる仕組み

こころの調律師、はらだなほこです。

写真の花は、和歌山の南部という梅が有名な町の市場で買いました。

120円でした。

安いでしょー!!

120円の、新聞紙で包まれていた、梅の花。

たった120円なのに、

しかもそれをただ花瓶に突っ込んだだけなのに、

季節の豊かさを与えてくれています。

ああ、幸せ💘

幸せに「プライス」って無関係なんですよ。

貴女が幸福を沢山感じたいならば、

以下を是非お試しください♡

★欲求が発生したら、スピーディーに満たすこと(あれこれ考える必要はありません)
★自分の中の、「~したい(Want to)」をしっかりキャッチすること
★結果に一喜一憂するのではなく、行動したこと(行動)に満足すること

昨日ね、大阪から和歌山まで、本場の梅を見に行きました。

うちから車で、高速をぶっ飛ばして片道2時間。

9割、梅は散ってました(;^ω^)

だけどワタシはそこで凹んだりしないのです。

★己の欲求に即座に行動したことに対して、大満足しているから。
欲求不満とは、自分の思いと行動の不一致のこと。

欲求不満な人、

常識と理性を一々持ち出し、行動を自分でセーブする癖があります。

何故でしょうか?
失敗を恐れているから。

結果を気にする性格の方は、慢性的な欲求不満です。

「散っているのではないか?」という心配は不要です。

ワタシはあの瞬間、「和歌山の現地に行きたい」と思ったのです。
ワタシの欲求は、脳に思い浮かべたら、必ず叶う。

↑この体験の繰り返しこそ、自己肯定感です。

何も遠くに出向くことだけが「欲求」ではありませんよ。
★食べたいと思った時に、食べたいものを食べる。

ワタシは夜中でも食べたいと思ったら、食べます。

夜中のラーメン、OK派。

そこに常識は不要です。
幸せとは、欲求が満たされるスピードが速いこと。

欲しいと思ったら、買う。
食べたいと思ったら、食べる。
会いたいと思ったら、会う。
行きたいと思ったら、行く。

逆も同じく。

嫌だと思ったら、止める。
別れたいと思ったら、別れる。
使わないなら、捨てる。
悲しいならば、泣く。

閃きと、行動のスピードアップ。

一々頭で考えない事。

欲求のままに生きると、人生がボロボロになると思っている人がいます。

ワタシは欲求のままに生きていますが、人生はどんどん良くなっています。

これはきちんと自分の人生と向き合ったから。
こころの調律をしたからです。

スタートとゴールは同じ。

心のスタートとは、13歳までの育ちのこと(インナーチャイルド)。

「自我」と呼ばれるこころのスタートを整えておくこと。

自分の本音にとことん正直に生きるためのベースに投資しておくこと。

あとは、本能のままに、直観のままに、

自分に正直に生きるだけです☆

関連記事