気を引きたいからする「無視」は貴女の運気を激しく落とす

仲良しカップル

こころの調律師、はらだなほこです。

恋も仕事も全部輝きたーい☆アラフォー女子のバイブル、

本日のお題は・・・・

不機嫌になるとついつい彼氏や夫を無視する癖がある女子、多いよね。。。

それを繰り返すと結局どうなるの??みんなのあるあるを解説しますよ♡

 

口を利かないという「支配者」

ある行動には、必ずそうする理由があります。

理由って、目的の事。

彼氏の態度が気に入らない。

・・・例えば貴女の誕生日を忘れて違う予定を入れた彼氏に激怒したとします。

「どうしてワタシの誕生日を忘れたの??」と普通に質問したらいいのに、

無視する・・・・。

口を利かない。

LINEも無視。

返事しない。

 

この行動の真の目的が、相手をコントロールしたいという欲求、つまり「支配」です。

脳は他人に支配されることが大嫌い!という性質があります。

貴女に無視されて、ますます貴女を愛おしく思うメンズって居ないんです。

つまりそれ、やればやるほど貴女の運気を落とします。

やがて他の女子に目が移るでしょうね。面倒くさい貴女に、彼は愛想が尽きるでしょう。

 

無視の潜在的な目的は、相手を自分の思い通りに変えよう!としていることに気づいてください。

・ワタシのことをもっと構いなさい!

・ワタシの機嫌を取りなさい!

・ワタシは正しい

これ、似たような人を知りませんか?

そう、貴女の父親や母親。

親が不機嫌になった時、言葉で貴女に分かるような説明をしてくれなかったのではないですか?

 

親の嫌な部分を子どもは無意識に受け継いでしまう仕組みがある

時々こういう人がいます。

「父親は不愉快なことがあると大声で怒鳴る人でした。だからワタシは絶対に怒鳴ったりしません。ですが、ムスッと黙り込んでしまいます・・・」

大声で怒鳴る人、ワタシも大嫌いです”(-“”-)”

でもね、ムスッと黙って口を利かなくなることも、潜在的には同じなんです。

無視も大声で怒鳴る事も、相手を変えようとする「支配」だから。

支配者に育てられると、子どもも必ず支配者になります。

 

トラブルの構造って、2重システムになっているのです。

A層とB層になっていて、目に見える悩みやトラブルがA層。

本当の理由がB層という意味。

怒鳴るとか、無視するっていうのがA。

支配して相手を思い通りに変えようとするのが、B。

 

でね、Aを変えてもダメなんです。

怒鳴ることを、無視に変える・・・これ、本当は変えたとは言えないの。

スライドしたっていうことです。

何も変わってないんですよね、本当は。

 

では何故B層に「支配する」というデータが書き込まれてしまったのでしょうか?

それは13歳までの育ちの中で、支配的な大人に育てられてしまったからです。

ワタシ達は、知っている情報しか再現が出来ません。

脳は知らないことを現象化することが出来ません。

無意識に再現する情報が固定化するのが、13歳です。

これをRASと言います《カエルの子はカエル・・・のこと》

 

他人を支配するか、自分を支配するか、それとも理解者として生きるか

怒鳴る・無視する・・・・これだけじゃないのです、支配者のやり口は。

我慢する人も、実は支配者!

意外でしょ?我慢する人って、いい人だとか、人格者とか言われますよね?

では貴女は我慢ばかりする母親を見て、「あんな人になりたいな!」って思いますか?

お母さん、幸せそうだな・・・羨ましいなって感じますか?

否!ですよね。

いつも自分を殺して我慢して・・・ああはなりたくないと思いませんでしたか?

そう、我慢は自分支配です。

他人を支配するのも、自分を支配するのも、B層的に全く同じです。支配者です。

 

あってほしくは無いけれど、人間だもの・・・誕生日を忘れることだってありますよ。

彼氏、その日の仕事がトラブル三昧で大変だったのかもしれないじゃないですか。

・貴女は相手の立場に立って、想像してみましたか?

・もしかして、勝手に決めつけていませんか?

・自分の感情を中心に思考する癖を持っていませんか?

・自分の常識や感覚が正しいと思い込んでいるのでしょうか?

 

脳が好きなのは、解ろうとしてくれる人間です。

 

我慢する人は、自分の悲しみや苦しみを相手に伝えるという行動を省く人です。

「どうせ言っても解らないだろう」とか、

「ワタシさせ我慢すればいいのよ」とか、

未来を決めつけ、諦めている人です。

自分に我慢という不幸が相応しいという前提が13歳で完結しています。

これを不幸癖と呼びます。

 

自分の感情を言葉にして相手に分かりやすく伝えること

だんまりを決め込み、背中で不愉快を察しろ!と相手を支配する恋人や妻を、もっと大切にしよう!と思うメンズはいません。

貴女が逆のことをやられたら、ますます愛情が湧きますか?

冷めますよね、通常は。

面倒くさい男だなあ・・・と、やっかいだなあ・・・とうんざりするでしょ?

相手だって同じです。

 

かまってちゃん、機嫌を取って欲しがる人間を、母子一体感と言います。

幼児時代に幼児体験をしっかりやらせてもらえなかった人の末路です。

子ども時代に親のほうが未熟な状態だった人。

不満足な状態が、大人になってもずうっと続いてしまっています。

幼い子がまるで母親に甘えるような状態のまま、大人になっている人がいます。

そのB層の見える化の一つが、怒鳴る・無視・我慢といった状態です。

 

根本治療は、インナーチャイルドの育て直しをしていきます《更に詳しくは無料メール相談フォームからどうぞ》。

正常な大人としてのコミュニケーションは、伝え方の工夫にあります。

無視とか、怒鳴るとか、我慢の背中を見せる・・・これはもう止めましょう。卒業しましょう。

本当の貴女にはソレ、似合わないからです。

離別感という、大人の心地よい距離感を持って気持ちの良いお付き合いが出来るようになりませんか?

 

ネガティブな体験が無い人なんていませんよ。

誰にでも理不尽や嫌なことってあるのもです。

ワタシだって日常的にありますよ(笑)。

でもね、それをもっとエレガントに、キュートに、ラブリーに表現したらより良いんです。

例えば、

貴方が忙しかったのは解るけど、誕生日はやっぱり特別な日なんだから忘れられたら寂しいよー!(ぷーって可愛くふくれてもいいですよ♡)

 

言語と、非言語《仕草や表情》。どっちも伝える手段。

自分の気持ちを、ちゃんと相手が受け取れる形にして伝えること。これってとても親切だと思いませんか?

優しい女は、相手が理解できるスタイルでコミュニケーションをとれるんです。

でも、その先の行動まではこちらから指示しないこと。

支配になってしまうからです。相手の自由意思にお任せしてください。

 

透視能力がある超能力者なら別だけど、結果を行動前から決めつけないこと

貴女に対して愛情があるならば、言葉をキャッチしてちゃんと行動してくれます。

「ごめんね」の言葉と一緒に、じゃあお詫びに・・・・と、何か素敵なプランを計画してくれるはず!

でもね、冷めているなら、「だからなに?好きにすれば?!」という反応が返ってくると思います。

その時はその時。

彼氏も夫も、他人です。

他人の脳内情報を、貴女が思い通りに変えることは残念ですができません。

 

いかがでしたか?

彼氏やご主人と上手にコミュニケーションが取れるようになると、貴女自身の毎日がどれだけ気楽でいられるかということです。

自分らしく、ニコニコ笑って過ごしたいですよね。

その為にも、B層のクリーニング《こころの調律》はお勧めですよ。

・自分をきちんと理解している女子には、同じような理解レベルの素敵なメンズが現れる!!

この法則を人生に取り入れて素敵な男性と出会ってくださいね♡

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 気に入っていただけましたら、無料のメルマガを出しておりますのでよろしかったらご登録ください。 こちらをクリックすれば登録できます。 また無料のメール相談も承っております。一度体験されたい方はこちらからお申し込みください。 《無料メール相談》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。