生き方

交渉力の差はどこで決まるのか

こころの調律師、はらだなほこです。

「これはワタシの性格だから仕方がない」

「あの人はそういう人だから、しょうがない」

こうやって決めつけて、何かを諦めて生きていませんか?

話合いもせずに。

試しもせずに。

「きっと~だろう」

「どうせ〇〇だろう」

「あの人は✖✖というに決まっている」

それ、過去にそいういうことがあったという体験実績ですよね?

未来のデータじゃないですよね。

もしかして貴女は「同じやり方」をやりつづけていませんか?

その言い方。

その言い回しでは、確かにまた相手は怒鳴り返してくるかもしれない。

また相手は、泣き崩れるかもしれません。

何故やり方を変えないのでしょう?

どうして同じパターンを繰り返しているのでしょう?

それを実は、思考停止と言います。

ワンパターンのやり方を何度も繰り返していませんか?

あの手・この手・その手

策はまだあるのに、勝手に諦めたのではないですか?

相手を決めつけているということは、

自分がホントは自分の能力や可能性を

「どうせダメだ」「やるだけ無駄だ」と決めつけているんですよね。

◆悩みって、相手の問題ではなくて、実は自分の問題だと言うこと。

誰も貴女を縄で縛り上げて、行動を阻止したりしてないはずです。

脅してもいないはずです。

自分が自分の頭の中で「ダメ」と決めて、諦めた。。。

それを人のせいにしてきたのではないでしょうか?

このスタートが何処にあるのかというと、

子ども時代に繰り返して体験してきた「絶望」です。

まだ小さな子ども時代に、大きな大人に怒鳴られたり、

繰り返し否定されてきませんでしたか?

「ダメ」とか「無理」という言葉をきかされてきませんでしたか?

貴女は忘れているかもしれませんが、潜在意識はちゃんと覚えているんです。

自分の気持ちなんて誰も聞いてくれないんだ・・・・

その繰り返された状況が脳にずうっと残っていて、

もうすっかり貴女は大人になっているのに、

脳が覚えている「ダメ」の繰り返しを無意識にしているとしたら?

「きっとダメだ」というのは、勘違いなんです。

やり方を変えてみませんか?

例えば伝え方。

言葉のバリエーション、どれくらい持ってますか?

その自分の表情、一回動画に撮影して自分で見てみたほうがいいですよ。

案外仏頂面の酷い表情をしているものです。

あの手、この手、その手、、どんな手を使うかは、知性に依存しています。

頭のいい女は、状況・場面・目的によって自分を変えて挑むべし。

洋服だってTPOや相手によって変えますよね?

どうしてコミュニケーションでは自分を変化させてこなかったのか?

・・・・それは思考が停止状態だったから。

目的のない、感情中心のコミュニケーションしかやり方を知らないから。

思考を働かせるコツは以下です。

◆目的をはっきりさせておくこと。

◆そのために、今何をするかを逆算して算出すること。

子ども時代に、両親が冷静に論理的な会話をしている家庭で育つと、

自然に対話上手な大人になります。

親がすぐに怒ったり、怒鳴ったりする姿を見て育つと、

過剰に相手の顔色を伺う癖がついてしまいます。

また、すぐに泣く親や、だんまりを決め込み、対話をしない大人を見て育っても同様です。

子ども時代に身近に見て育った大人が、自分にとっても基準・・・モデルになるのです。

コミュニケーションは、相手の自尊心を高めながらこちらの情報をスムーズに伝える技術。

決して自己犠牲が美徳ではないし、

かといって論破したり、屈服させることが目的でもありません。

勝ち負けが目的ではないし、

相手を支配することは真の豊かさや幸福でもありません。

互いが互いの幸福のために、情報を伝達しあうこと。

聴く耳を持つこと。

分り合うこと。

理解し、理解されること。繋がり合うこと。

伝える方法は色々あります。

それらを習得する方法の一つが、読書ですよね。

小説を読むこと。

また、テレビドラマや映画です。

自己の内部情報を表現する術・・・・どのくらい持っていますか?

言語化能力。

自分の気持ち、思いをどのくらい言葉にスムーズに変換できますか?

貴女はその能力の基本をちゃんと持っていますよ。

女性ホルモンは、理解力です。

女子は相手を理解する能力がそもそも高いです。

自分が既に与えられている能力、可能性、才能をもっと使いこなすこと💗

自分の人生を切り開くのは、自分という人間の性能を知ることがスタートです。

無料メール相談を一通限定で開催中です。

既に多くの女子が無料で回答を受け取っています(*´ω`)

こちらに書いて送ってくださいね。

関連記事