悩みの構造(仕組み・メカニズム)

綺麗な女性

こころの調律師、はらだなほこです。

 

悩みは二重構造になっています。

 

①表面に見える悩み、困ったこと

・・例えば、

モテない、彼氏ができない。

夫婦不仲。

お金がない。

自分の顔やスタイルが嫌。

体調が悪い。

嫌われている。

眠れない。

仕事が面白くない。

人生がつまらない。

子育てが辛い。

子どもができない。

不倫をしている。

その他色々・・・

 

②親子関係に問題を抱えている

13歳までの育ちの中に、悲しみや不具合を抱えていて、

未解決のまま生きている。

 

 

①はパソコンで言えばエラーのこと。

②は、バグ。

 

プログラムの不具合であるバグを直すまで、

エラーは何度でも繰り返します。

 

人生も同じなんです。

あなたのバグは、親子関係。

エラーの出方は、人それぞれ

 

今、コロナの影響もあり、

夫婦関係にちゃんと向き合ってこなかった人は、

崩壊寸前のところに追い詰められていると思います。

または孤独で震えている人もいるかもしれません。

それを我慢している人は、今度病気になるんですよね。

ガマンが病気を作ります。

 

それはみんな、エラーです。

 

辛い人は、複数のエラーを抱えていて、

それを解消しても、次のエラー、また次のエラーと

雨後の筍のごとく悩みが尽きない人生だと思います。

 

魔法のように、人生が変わる方法があります。

別に魔法ではないのですが、バグを書き換えると、エラーはもう出なくなります。

貴女のパソコンと同じです。

別に不思議なことではありませんよね。

 

人生のバグに向き合うと、表面上の悩みが無くなっていきます。

親子関係が解消すると、ただちに貴女の銀行口座に大金が振り込まれ、

お金持ちになるということではありません。

ただ、暗中模索状態から、解決の糸口が見えるようになります。

気が付ける自分に成長します。

 

経済にしろ、人間関係にしろ、

新たなアイディアをキャッチできる脳状態になるということです。

 

思考停止状態の人は、結果!結果!!と焦っています。

焦るという脳でいるから、

更に焦るようなことをやってしまいます。

メカニズムを不理解している間は、実にバカなことをしてしまいます。

 

フラれた痛みを癒そうとして、

既婚者のズルい言葉に引っかかる・・・・みたいなのも同じです。

思考停止していると、どんどん不幸になるのです。

 

不倫相手に捨てられた寂しさから、

ホストクラブにはまったり(そして雑巾のように扱われたり)、

短絡的なお金儲けを求めるあまり、

ネットワークビジネスに手を出し、信用や友達を失ったり。。

貴女の周囲にもいるでしょう?

不幸のアリジゴクにはまっている人。

 

病気を治したい、または病気を恐れるあまり、

健康診断で放射線を浴び、無かった病気を作り出したり、

投薬や手術で悪化させたりしている方、いませんか?

いますよね。

 

エラーに一々アプローチすると、無駄にお金がかかります。

かかった上に、大抵が上手くいかない結果に終わります。

だってバグが放置されているのですから、

また不具合が発生してしまうのは道理です。

 

順番は、バグから手を付けましょう。

大人になってから出てきた不具合の芽は、

子ども時代に撒かれたものです。

だからそこまで遡ってアプローチしないと、

盛夏の雑草のように、刈っても刈っても伸びてきます。

 

ご自分でメンタルメンテナンスが出来る方は、

自分で是非やってみてください。

心理学の本は色々出ていますし、脳科学の本だってアマゾンでいくらでも売っています。

 

ワタシは出版はしていませんが、

過去のブログ記事、また無料動画も数多くアップしてあります。

 

どうも本では上手く出来ない、動画も見るけどしっくりこない。

そんな方は、プロが貴女の過去を一緒に理解し、ほぐしていきます。

お金を払って貴女が手に入れるのは、「達成までにかかる時間の圧倒的な短縮」です。

 

自力でやろうとする人は、徒歩で大阪から東京を目指すようなもの。

でもそれもいいと思いますよ。

人は、一度は、自分でやってみたいと思うし、やってみたほうがいいとも思います。

もし自力では出来ないことが解ったら、

このブログを思い出して、無料メール相談に送ってくださいね。

 

こころの調律とは

カウンセリングを受ける

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 気に入っていただけましたら、無料のメルマガを出しておりますのでよろしかったらご登録ください。 こちらをクリックすれば登録できます。 また無料のメール相談も承っております。一度体験されたい方はこちらからお申し込みください。 《無料メール相談》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。