親にとって子どもの出来不出来は自分の価値証明なのか?

はらだなほこ

こころの調律師、はらだなほこです。

「生きてるだけで儲けもの!」

「ありのままの自分でいい」

この手のワードに貴女はもやもやする人ですか?

 

本当の自分って一体何か、説明ができますか?

歌や、セリフでさんざん耳にするけれど、なんだか違和感がぬぐえない。

「ちょっと待ってよ・・・そうは言っても、、、」

このもやもやする感情の出どころは一体、何?

違和感の言語化をワタシと一緒にやってみましょう(*”▽”)

 

ワタシ達は、もやもやを言語化すればするほど、人生がスッキリと生きやすくなります。

またもやもやを法則で理解すると、更に人生が加速するようになっています。

主観中心・感情中心で生きるか、

法則中心・目的中心で生きるか。

この差は大きいんですよ~~(*´ω`)

 

親や祖父母の期待は、貴女を高売りすること!

先日YouTubeで、占星術のマドモアゼル愛先生の番組を拝聴していたら、

目からウロコ!がでる表現と出会いました。

親が子を叱るのは「オマエ、それでは高く売れないよ」という意図が入っている。

子どもを品物のように、

売り物のように親が潜在的に捉えていて、

高売りするための躾をしている・・・無意識に。

 

どうですか?

就職するときに高く子どもを売る(大企業、一流企業に入る)。

結婚するときに、高く売る(好条件の相手の元に嫁がせる)。

これ、本当に子どものためでしょうか?

違いますよね。親の見栄ですよね。あるいは、親の劣等感を刺激しない為ですよね。

貴女はこの親の深層心理に対して、もやもやという感覚的な反応をしていたのです。

 

高く自分を売る為に、何か価値をトッピングしなければならない。

だからありのままの自分でいてはいけない・・・という罪悪感がどこからか湧き出てくるのです。

生きてるだけでいい人・・・例えば公園でゴロゴロしてるホームレスなんて、絶対になってはいけない!と思うわけです。

でもね、ホームレスの人って案外幸福度が高いって知ってますか?

個人差は勿論ありますが、悩みから解放され、高い自由度を満喫してる方だって多いと、あるホームレス体験者の著書でワタシは知りました。

 

未消化の怒りや悲しみを「自覚」することが、生き直しのスタート

ありのままの自分が解らないとか、

生きてるだけでは値打ちがないとか、

そういう苦しみ、辛さを、ワタシもかつて嫌と言うほど味わって生きてきました。

ずっと専業主婦だった自分。社会的な実績も取り立てて稼ぐための資格もない自分。

食べさせてもらう自分に、罪悪感や焦燥感を感じていました。

この理由がずうっと解らずに、もがいていた暗黒期がありました(精神薬に依存したり、摂食障害、パニック障害など色々不具合がありました)。

 

でもね、何かできないと劣等感や焦燥感や罪悪感があるっていうのは、人間の本質ではないのです。

もやもやの正体は、ありのままの自分では愛されないという悲しみのこと。

何も付加価値のない自分ではダメだと否定されたことへの、怒り。

親から否定された過去の恨みを、今だ抱えているんですよね。

そのこと、まず気づきましょう。

そして、それはカウンセリングで手放すことが出来ます。

 

脳科学の世界で赤ちゃんを全知全能・クリティカルエイジって言います。

彼らは何もできない状態で生まれます。

おしっこもうんちも出しっぱなし(笑)。

何もできませんが、罪悪感・劣等感・焦燥感・・・無いんですよ。

赤ちゃんは、生まれただけで皆を喜ばせました。

ただ生まれただけで、親を喜ばせてくれました。

 

脳科学では、何もない無の状態を全知全能っていうんです。

生きてるだけで儲けもの。

ありのままのワタシ・・・・貴女はそもそも生きてるだけで喜ばれた存在です。

全知全能状態が人生のスタートなんです。

ここをまず思い出してください。

自覚するっていうことです。

 

話変わりますが、ワタシが好きなクレープ屋さんが難波マルイの一階にあります。

そこね、エシレバターを使ったちょっとだけ高級なクレープ屋さん。

一番美味しいと思うのが、薄く焼いた生地にバターと粉砂糖を振っただけのシンプルな一枚。

クレープ生地だけ。

ありのままのクレープ(笑)。

これが一番美味しいから好きなんです。

 

ありのままのワタシと、この何もトッピングしていないクレープって似てると思うんです。

そもそもこの生地は美味しいので、ここに何をトッピングしても美味しいのです。

だけどもし、クレープが腐っていたら・・・・何をトッピングしても腐った味がする訳ですよ。

生きていることをありがたいと思えないとか、

ありのままの自分をダメだと思っている人が、

どんなに学歴や資格や高級な車や時計や洋服やバッグをトッピングしてもダメなんです。

 

親が自分でやればいい!と、割り切ること(精神的親離れする)

そもそも貴女は生まれた時には完璧でした。

でもどうして今、そんなに不幸なの?

その正体が、未熟な親による躾と共に仕込まれてしまったマインドコントロールだということ。

豪華なトッピングをして、娘を高く売りたいという、親の作為が刷り込まれたから、貴女はなんだかもやもやするんですよね?

 

では何故、親はそんなことをしたのでしょうか?

行動には必ず理由がありますからね・・・・わざわざ高売りしたがる深層心理は???

親の劣等感を子どもで晴らそうとしているからです。

つまりそもそも、ご両親がご自身のことを「生きてるだけで価値がある」とか「ありのままの自分が素敵!」と思えない方々だったということ。

このままでいてはいけないのだ・・・・という焦りに追い立てられた人生を、そもそもご両親が生きておられたのではないでしょうか?

その価値観を植え付けたのは、親の親・・貴女の祖父母ですね。

人は無意識に子どもにも同じことをしてしまうのです。

 

悪意はありません。むしろ、良いことをしていると思っています。

だからご両親を責めないでください。

大きな器で許すこと。これも貴女の選んだミッションの一つです。

 

こうして親の観念(価値観・考え方)は、子どもに遺伝していきます。

躾とともに、脳に植え付けられていきます。

これをマインドコントロールと呼びます。

 

もやもやは、マインドコントロールに気づくためのサインです。

本当の自分は、マインドコントロールを外した時に、初めて見える仕組みがあります。

一体貴女がどんなマインドコントロールにかかっているのか?

自分を知ることから、本当の人生はスタートします!

 

お子さんの育て方で悩んでいるママも同じ。

子どもに価値をつけようとする前に、貴女が貴女にまずは向き合ってみてください。

この子を思って・・・とか、この子の為に・・・という前に、貴女そもそも自分が苦しいのではないですか?

本当に幸せな人生を生きてきましたか?

自分の劣等感を誤魔化すために、子どもをダシにしていませんか?

 

一通無料でメール相談を受けることができますので、専用フォームから気軽に送ってくださいね。

気づいた時が本当の人生のスタートになります。

ワタシの元には、日本だけではなく、世界で暮らす女子からのオファーがあります。

大丈夫!一緒に向き合っていきましょう。

あなたの本当の、本質を探っていきましょう♡

自分探求、あなたと一緒に、探検する楽しみ、喜び、、、それがこころの調律です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 気に入っていただけましたら、無料のメルマガを出しておりますのでよろしかったらご登録ください。 こちらをクリックすれば登録できます。 また無料のメール相談も承っております。一度体験されたい方はこちらからお申し込みください。 《無料メール相談》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。